幼児教育のタイムリミット

幼児教育の重要性って?

幼児教育に関しては勘違いをしている人も多いので、ハッキリさせて置く必要があります。
なぜなら、夫婦で幼児教育に対する認識の違いがあると、教育方針にブレが生じてしまうからです。

 

幼児教育に関して、大人(親)の押し付けであり、子供が可哀想と思っている人も多く存在します。
ですが、本来の幼児教育とはそういうものではなく、あくまでもその子の適性を見極め、いい部分を伸ばし、穏やかで落ち着きのある性格を身につけるということなのです。
ですから、逆に、何らかの技能を身につけさせようという強要であってはなりません。
まず、その大前提を理解した上で、幼児教育に取り組むべきでしょう。

 

幼児期の子供は、周りの環境によって、その後の性格にまで大きな影響を与えられる事が知られています。
また、幼児の時期には、与えられたすべてを吸収する能力が備わっています。
なので、幼児の時期から様々な機会を与え、色々なことにふれさせる事はとても重要なのです。

 

ただ、何事も無理強いするのは子供にとってあまりよくないでしょう。
子供が自分から興味を示すように仕向け、遊びながら、楽しみながら身につけられるということが一番重要なのです。

 

幼児は知覚や聴覚が特に優れており、この時期だと英会話の発音やヒアリングも、大人よりもずっと簡単にマスターしてしまうものです。
さらに、この時期には、音感やリズム感、運動能力なども伸ばしやすいです。
どのような方面の能力を伸ばす場合でも、その子の適正に合わせれば、ますますその効果が高まるでしょう。

幼児教育は、IQだけ高めてもダメ?

子供を賢い子に育てたいなら、IQにばかり気をとられてはダメです。
IQが高いに越したことはありませんが、IQが高いからといって、頭が良いとは限らないのです。

 

子どもに、いい学校に入ってほしい、将来成功して欲しい。
そういった思いから幼児教育をされている方も多いでしょう。

 

しかし、単純に勉強をつめこんだり、IQばかりに気をとられていては、大事なことを見落としてしまいます。
お子さんを本当の意味で頭の良い子に育てたいなら、重要なポイントがあるのです。

 

脳教育・幼児教育の専門家である、澤口俊之さんが、国際学会でも発表して注目されている、子どもの教育方法について、明確な理論・方法を提示されています。

 

脳教育や幼児教育に関する著書を多数出版しており、
「天才をつくる!ガリレオ脳研」(テレビ朝日系)
「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)
などのテレビでも有名な、澤口俊之さんです。

 

世間で言われている幼児教育に、いかにウソ・間違いが多いか、きっと驚くことでしょう。
小さなお子さんをお持ちでしたら、一見の価値ありです。↓

 

子供の脳が発達するタイムリミットとは?
本当の意味で頭の良い子を育てる方法
幼児,教育,幼児教育,IQ

 

薬剤師 調剤薬局 求人
薬剤師の求人を調べるならこちらがおすすめです。転職しようと考えている薬剤師さん、就職先を探している薬剤師にピッタリのサービスサイトを紹介します。