千代田区 任意整理 弁護士 司法書士

千代田区在住の方が借金返済について相談するならココ!

債務整理の問題

借金の悩み、債務の問題。
お金・借金の悩みは、自分だけでは解決するのが難しい、重大な問題です。
しかしいきなり、弁護士や司法書士などに相談しようにも、少し不安になったりするもの。
ここでは千代田区で借金のことを相談するのに、オススメの相談事務所を紹介しています。
ネットを利用して相談できるので、初めて相談する方でも安心です。
また、千代田区の法律事務所・法務事務所もいくつか紹介しているので、それらも参考にどうぞ。

千代田区の人が任意整理・借金の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

千代田区の多重債務・借金返済問題の相談なら、この事務所がおススメ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が無料なので、今の手持ちがなくても安心です。
弁護士費用の支払は、分割払いもOKです。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金の取り立てをストップするのも可能。
自己破産、過払い金、任意整理、個人再生、など、借金・債務の問題について無料で相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付してくれるので、借金返済で困っている方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、借金や債務の悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたにピッタリのやり方で借金や多重債務の問題を解決に導きます。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から支払できます。
任意整理も、和解成功報酬や減額報酬などを一切支払わなくてよいため、おトクに解決できます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口もあるので、女性も安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

千代田区に住んでいる人が債務整理・借金の相談をするならまず、コレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、ネットでできる診断ツールです。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、どうすれば借金が減るかという方法や、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、少し気後れする。
そんな人にピッタリです。
しかも、匿名&無料で利用できます☆
全国に対応しているサービスなので、千代田区在住の人も安心です。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名&無料で使える!
  • 全国に対応!
借金・債務の悩み、匿名&無料で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



他の千代田区近くにある司法書士や弁護士の事務所を紹介

千代田区には複数の弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●ベストファーム東京事務所(司法書士法人)
東京都千代田区 飯田橋4丁目7番1号 RF‐2ロックビレイ3階
03-3261-5375
http://bestfirm.co.jp

●第二東京弁護士会
東京都千代田区霞が関1丁目1-3 弁護士会館
03-3581-2255
http://niben.jp

●坂野且典司法書士行政書士事務所
東京都千代田区神田神保町3丁目5
03-3511-8568

●若林司法書士事務所
東京都千代田区二番町5-2 麹町駅プラザ901号室
03-6303-7811
http://hayabusa-wakaba.com

●こよう司法書士事務所
東京都千代田区内神田1丁目18-11 東京ロイヤルプラザ 7F
03-5283-3191

●司法書士板垣隼事務所
東京都千代田区九段南3丁目3-18 アシスト九段ビル3階
03-3222-6331
http://itagaki-office.jp

●木村等司法書士事務所
東京都千代田区内神田1丁目16-12
03-5259-9005
http://kimura-shiho.com

●岡崎・大橋・前田法律事務所
東京都千代田区神田須田町1丁目2 淡路町サニービル 4F
03-5296-7676
http://o2m-law.com

●森・濱田松本法律事務所
東京都千代田区 丸の内2丁目6-1 丸の内パークビルディング
03-5220-1800
http://mhmjapan.com

●長島・大野・常松法律事務所
東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル
03-3288-7000
http://noandt.com

●原田照三司法書士事務所
東京都千代田区神田錦町1丁目21-3 ノア大手町 8F
03-3291-3908
http://haradajimusho.com

●司法書士カレント総合事務所
東京都千代田区岩本町1丁目3-1 神田ビジネスセンター3階
03-4590-1541
http://currentsogo.com

●岩川司法書士事務所
東京都千代田区飯田橋4丁目7-11 カクタス飯田橋ビル 9F
03-5215-1431
http://iwakawa-shihou.com

●日本弁護士連合会
東京都千代田区霞が関1-1
03-3580-9841
http://nichibenren.or.jp

●二見総合法律事務所
東京都千代田区内神田1丁目2-8
03-3294-5305
http://saimusoudan.jp

●伊藤司法書士事務所
東京都千代田区神田錦町3丁目19
03-3295-1348

●弁護士法人レアール法律事務所
東京都千代田区 岩本町3-9-1 花岡ビル7階
03-5829-8900
http://lear-law.jp

●みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3 麹町プレイス 2F
03-5226-5755
http://mirailaw.jp

●東京弁護士会
東京都千代田区霞が関1丁目1-3 弁護士会館
03-3581-2201
http://toben.or.jp

地元千代田区の法務事務所や法律事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談の方が、気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

多重債務や借金返済に千代田区在住で悩んでいる状態

さまざまな金融業者や人から借金した状態を「多重債務」といいます。
あっちからもこっちからもお金を借りて、借入れ金額も返済先も増えてしまった状態です。
消費者金融で限度額まで借りてしまったから、今度は別の消費者金融で借金。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングを限界までして、クレジットカードを複数作ったり。
多重債務の状況にまでなった方は、だいたいはもはや借金返済が難しい状況になってしまいます。
もはや、どうあがいてもお金を返済できない、という状況。
おまけに高い金利。
どうしようもない、なすすべもない、と思ったら、法律事務所や法務事務所に相談するのが一番です。
弁護士・司法書士に相談し、今の自分の状態を説明し、解決する方法を示してもらいましょう。
借金・お金の問題は、司法書士・弁護士知恵を頼るのが得策でしょう。

千代田区/借金の減額請求とは?|任意整理

多重債務などで、借金の支払いが苦しい実情に至った際に効果のある進め方の1つが、任意整理です。
今現在の借金の状況を再確認し、過去に利子の過払い等があったら、それらを請求する、又は今の借入れと差引きし、かつ現在の借金に関してこれからの利子を減額していただけるように相談していくという進め方です。
只、借金していた元本に関しては、まじめに払戻をしていく事がベースで、利子が減額になった分だけ、以前よりももっと短い期間での支払いが基礎となります。
ただ、利息を払わなくていい分、月毎の支払い金額は圧縮するから、負担が軽減するという事が通常です。
ただ、借入れをしてる信販会社などの金融業者がこのこれから先の利息に関しての減額請求に対処してくれない時は、任意整理は不可能です。
弁護士の先生等の精通している方にお願いしたら、絶対減額請求が通ると考える方も多数いるかもしれませんが、対処は業者によって多様であり、対応してくれない業者と言うのも在ります。
ただ、減額請求に対応しない業者はもの凄く少ないのです。
だから、現に任意整理をやって、消費者金融などの金融業者に減額請求を実施すると言う事で、借金のストレスが大分軽くなると言う方は少なくありません。
実際に任意整理が出来るのかどうか、どれほど、借入れの払戻しが軽減されるなどは、まず弁護士の先生等その分野に詳しい人に依頼することがお奨めでしょう。

千代田区|自己破産のリスクって?/任意整理

率直に言えば世間で言われているほど自己破産のリスクは多くないのです。マイホームや土地や高価な車など高価格な物件は処分されるが、生きていくうえで必ずいる物は処分されないです。
又20万円以下の蓄えも持っていていいです。それと当面の間の数箇月分の生活するうえで必要な費用100万円未満ならば持っていかれる事は無いのです。
官報に破産者のリストとして記載されるのですがこれもごく僅かな方しか見てません。
また言うなればブラック・リストに記載されてしまって7年間くらいはローン若しくはキャッシングが使用不可能になるでしょうが、これは仕様がない事でしょう。
あと一定の職種に就職できなくなると言うこともあります。ですがこれも極一定の限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返済する事が不可能な借金を抱え込んでるのであれば自己破産をするのも一つの手段なのです。自己破産を実行したら今までの借金が全くゼロになり、心機一転人生をスタート出来ると言う事でよい点の方がより大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として税理士、弁護士、公認会計士、司法書士等の資格は無くなります。私法上の資格制限とし遺言執行者、後見人、保証人にもなれないのです。また会社の取締役等にもなれないのです。ですがこれらのリスクはさほど関係無いときが多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きなものではない筈です。