堺市 任意整理 弁護士 司法書士

堺市在住の方が借金・債務整理の相談をするなら?

借金の利子が高い

堺市で債務・借金などの悩み相談をする場合、どこがいいのか決められないでいるのでは?
どうせ相談するのであれば、優秀な弁護士・司法書士がいる法務事務所や法律事務所にしたいですよね。
ここでは、インターネットで無料相談できる、おすすめの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
もちろん堺市にお住まいの人にも対応していますし、相談は無料なので安心です。
いきなり直接相談するのは少し気後れする、とりう人にもオススメです。
借金返済・債務のことで困っているなら、まずは司法書士・弁護士に相談して、解決への道を探しましょう!

堺市に住んでいる人が任意整理や借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

堺市の借金返済の悩み相談なら、この事務所がおススメ。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心です。
代金の支払いは、分割払いもOKです。
弁護士への相談料金はもちろん無料!
借金督促のストップもできます。
自己破産、任意整理、個人再生、過払い金、など、借金や債務の問題について相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(通話代無料)で相談受付してくれるので、お金に困っている方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、借金問題を相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分に合った方法で、どうにもならない借金問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理でも、減額報酬・和解成功報酬などを一切支払わなくてよいため、安く解決できます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性も安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

堺市の人が借金・債務整理の相談をするなら、コレもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットでできる診断ツール。
簡単な質問に答えるだけで、どのようにして借金を減らすかという方法や、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな人にもピッタリです。
しかも、無料で、匿名で利用できます☆
全国対応のサービスなので、堺市の方も安心です。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国対応!
借金解決の第一歩として、無料診断ツールを試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の診断・相談を。



弁護士へ相談前の注意



堺市近くにある他の法務事務所や法律事務所を紹介

他にも堺市には複数の法務事務所や法律事務所があります。参考にしてみてください。


●関和男司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-4
072-222-3330
http://soseki.jp

●堺法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 6F
072-232-5188
http://sakai-law-office.jp

●岩井司法書士事務所
大阪府堺市堺区南瓦町1-19 グランビルド堺東301号
072-238-4500
http://legal-counselor.jp

●齋藤司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町3-3 ルネッサンスビル 5F
072-225-5101

●十三(司法書士法人)堺東事務所
大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-23 堀ビル 4F
072-228-0084
http://13-office.jp

●中谷優子司法書士事務所
大阪府堺市西区北条町1丁17-10
072-247-8820
http://office-nakatani.hp4u.jp

●吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4-1 三栄ビル3階
072-254-5755
http://office-yoshida.net

●あい司法書士法人 堺事務所
大阪府堺市堺区北瓦町2丁1-19 たつみビル
072-222-4411
http://ai-shiho-shoshi.jp

●五月法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁1-21 堺東八幸ビル 5F
072-221-1807
http://satsuki-law.gr.jp

●シヴィル法律事務所 弁護士法人
大阪府堺市堺区南花田口町2丁3-20 住友生命堺東ビル3階
072-222-3120
http://civil.or.jp

●はら(司法書士法人)
大阪府堺市堺区新町3-6
072-223-1560
http://hara-sakai-sihou.main.jp

●松本司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-32 新町ビル 6F
072-221-5300
http://office-matsumoto.biz

●泉田法律事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-222-1525
http://izuta-law.com

●弁護士法人アディーレ法律事務所 堺支店
大阪府堺市 堺区戎島町4-45-1 ホテル・アゴーラリージェンシー堺 リージェンシープラザ1F
0120-316-742
http://sakai.adire.jp

●田中司法書士事務所
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通8
072-233-1167
http://tanaka-shihou.com

●堺けやき法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 5F
072-224-5654
http://keyaki-lo.com

●堺総合法律事務所
大阪府堺市堺区一条通20-5 銀泉堺東ビルディング 6F
072-221-0016
http://sakaisogolaw.net

●フォーゲル綜合法律事務所 堺事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-232-5400
http://vogel-law.jp

地元堺市の法律事務所や法務事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、直接相談よりも、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

堺市で借金の返済や多重債務に悩んでいる状態

キャッシング会社やクレジットカード会社などからの借入れ金で悩んでいる方は、きっと高い金利に参っているかもしれません。
借りてしまったのは自分です、自分の責任だからしょうがないでしょう。
ですが、複数のクレジットカード業者やキャッシング業者から借金していると、額がふくらんで、とてもじゃないけど完済できなくなってしまいます。
毎月の返済ではほとんど利子しか返せていない、という状態の方もいるのではないでしょうか。
ここまで来ると、自分一人で借金を完済するのは不可能と言っていいでしょう。
債務整理をするため、早めに弁護士や司法書士に相談するべきです。
どうしたら今ある借金を清算できるのか、借入れ金を減額できるか、過払い金生じていないか、など、司法書士・弁護士の知恵を貸してもらいましょう。
借金の問題の解決は、相談することから始まります。

堺市/任意整理にはどんなデメリットがある?|任意整理

借入れの返金が不可能になった場合には出来る限り早急に対策していきましょう。
そのままにしておくと今よりもっと利息は増していきますし、困難解決はよりできなくなります。
借入れの支払いをするのが大変になった時は債務整理がしばしば行われるが、任意整理もしばしば選択される手段の1つでしょう。
任意整理の時は、自己破産の様に大事な私財を無くす必要が無く、借り入れの縮減が出来るのです。
そうして職業又は資格の制約も無いのです。
メリットのいっぱいある進め方と言えるが、確かに不利な点もあるので、ハンデについても今1度考慮していきましょう。
任意整理の不利な点として、初めに借金が全てゼロになるというわけでは無いという事をしっかり理解しておきましょう。
カットをされた借入れは大体三年ほどの間で全額返済を目標にしますので、がっちり返金プランを練って置く必要があるでしょう。
あとは、任意整理は裁判所を通さなくて債権者と直に交渉を行うことができるが、法の知識の無い素人じゃ落度なく折衝がとてもじゃない出来ない場合もあるでしょう。
よりデメリットとしては、任意整理した際はそれらの情報が信用情報に掲載されることになるので、俗にブラックリストと呼ばれる情況になってしまいます。
そのため任意整理をした後はおよそ五年〜七年程度の間は新たに借入をしたり、クレジットカードを作成する事はできなくなるでしょう。

堺市|個人再生って、弁護士と司法書士、どちらに依頼する?/任意整理

個人再生を実行する場合には、弁護士、司法書士に相談をする事が可能です。
まず、司法書士に個人再生の手続をゆだねる際は、書類作成代理人として手続きを代わりに行ってもらうことが出来るのです。
手続を実行するときに、専門的な書類を作って裁判所に提出することになると思うのですが、この手続きを任せることが可能ですので、面倒な手続を実施する必要がなくなってくるのです。
但し、司法書士の場合では、手続きの代行をすることは可能なのですけれども、代理人ではない為裁判所に行った際に本人に代わって裁判官に返答が出来ません。
手続きを行っていく中で、裁判官からの質問を投掛けられたとき、ご自分で答えていかなければなりません。なりません。一方弁護士の場合は、書類の代行手続きだけでなくて、裁判所に出向いたときには本人に代わって返答を行ってもらうことが出来ます。
弁護士は、個人再生を始めとする債務整理手続に精通してる状態になるので、質問にも適切に返答する事が出来るし手続が順調にできる様になってきます。
司法書士でも手続を実施する事は可能ですが、個人再生においては面倒を感じる様なこと無く手続きをしたい時に、弁護士に頼る方が一安心する事が出来るでしょう。