幼児の時期から英会話を習わせる?

幼児の時期から英会話を習わせる?

幼児教育に対する意識が高まってからずいぶん経ちますが、その中でも一番幼児教育・早期教育のメリットがあるといわれているのが英会話ではないでしょうか。
人間の脳は生後3年までが一番吸収力が高く、その時期に覚えた事は一生忘れないともいわれ、それは大昔から日本にある「三つ子の魂百までも」という諺でも表現されているほど世間にはよく知られていることです。
実際、この諺は科学的にも証明されており、特に言語をつかさどる分野は、3歳までならほとんど無理なく身につける事ができるといわれているのです。
それは、赤ん坊が生後10ヶ月程度から自然と言葉を覚えていく事でもわかります。
逆に、大人になってからだと、発音や聞き取りをマスターするのが極端に難しくなってしまいますね。
年齢が進むほど、その難易度は上がっていく傾向があります。
ですから、本来、他言語はできるだけ早い時期から覚える方がいいと考えられているのです。
英会話の必要性が高まる昨今でも、国内では英語の授業は中学から始まるため、苦手意識を持っている人が多いのが現状ですね。
だからこそ、自分の子供には苦労をさせたくないと考える親御さんが多いです。
実際、3歳くらいまでに始める事で、ほとんど完璧にバイリンガルになれるとも言われています。
ただ、ずっと継続していないと忘れてしまうので、せっかく早くから始めたのであれば、続ける事もとても大切です。

幼児の時期から英会話を習わせる?関連ページ

英語の幼児教育は重要?