英語の幼児教育は重要?

英語の幼児教育は重要?

幼児教育と英語は古くから深い関係があります。
深い関係、というのは昔から幼児期に英語を習わせようという人が非常に多かったからです。
日本は世界でも有数の英語教育国です。
中学校から義務教育で英語を習いますし、高校ではかなり高度な英語を習います。
街を歩いてみても英語の看板は至るところにあります。
英語圏の外国人が日本にやって来ると、この風景を見て日本人は英語が堪能だと思って普通に英語を使おうとすると、意外に通じないことに驚きます。
確かにこれだけ英語に触れる機会が多いのに英語が通じない不思議な国、それが日本です。
よく受験英語の弊害が指摘されます。
受験の科目に英語があるせいで、些細な間違いを指摘される癖がついてしまい、正しい英語を使わなければならないという意識が強すぎるというものです。
筆者も受験英語をみっちりと叩き込まれましたが、受験英語は実際の英語力に役立っていると思います。
さて、語学を堪能にするには早ければ早いほど効果的だと言われています。
人間は生まれてから耳で聞いた言葉をどんどん吸収して話すようになります。
世界でも難解なことで有名な日本語は、勉強している外国人にとっては非常に習得が困難な言語だそうです。
ですが日本人の子供はそれを難なく話しています。
これは子供の頃から日本語に慣れ親しんでいるからです。
それと同じことを英語で行えば英語に慣れ親しんだ子供となり、英語を自然に身に付けられるようになります。

幼児教育で英語を学ぶことが有効なのは分かりました。
子供のうちに慣れ親しんでおくのはいいとして、そのタイムリミットというのはあるのでしょうか。
「子供のうちに」というだけでは曖昧ですが…。
言語学には「9歳のかべ」という言葉があります。
これはつまり9歳までに慣れ親しんだ言葉は堪能に使えるようになりますが、9歳を超えるとなかなか身に付ける労力が増すばかりか、ネイティブの発音は困難になるといわれています。
英語の幼児教育はまさにこの9歳のかべを越える前に英語に慣れ親しんでおこうということで、理論的にも整合性があります。
実際のところはどうなのかと言いますと、英語の幼児教育は英語の単語や文法を教えることよりも日本語にはない英語独特の発音に慣れるために英語の歌を歌ったり、クイズを楽しんだりする形式が多く、英語力をつけるというよりは「英語力がつきやすくする土台を作る」ように見えました。
日本ではネイティブの英語に触れる機会が少ないので、こういう時間は有意義だと思います。

英語の幼児教育は重要?関連ページ

幼児の時期から英会話を習わせる?