幼児教材の種類ってどんなのがある?

幼児教材の種類ってどんなのがある?

幼児教材の種類といっても、巷には溢れんばかりの教材が氾濫していて、一体どれを選んでいいのか迷ってしまう方も多いことでしょう。
ここでは、幼児教材の種類にはどんなものがあるのか、ちょっと整理してみますね。
まず、教材の内容によっておおまかに分類してみます。

 

・知育系
幼児期は、目で見て、耳で聞いて、手や体を使って、実際に体験して確かめることが大切です。
このような「五感」を使うことで、多くのことを身に付けて行く時期でもあります。
そのため、知育系の教材は、子供の好奇心をどんどん引き出してあげることを目的としています。
また、社会のルールや生活習慣といった日常生活には欠かせない事柄を学ばせる教材も多いようです。

 

・語学系
英語学習に代表されるような小さな頃から母国語とは異なる言葉に慣れ親しませることを目的としている教材です。
外国語ではなく、日本語の読み書きや読解力をつける教材もあり、こちらは小さい頃から本を読んだり、内容を理解させたりすることを目的としています。

 

・脳力開発系
幼児期は、脳が作られていく大切な時期でもあります。
この時期に、ドッツカードやフラッシュカード、積み木などを用いて知的な刺激を与え、潜在能力を高めることを目的としている教材です。

 

幼児教材は、主に、以下の三つの販売形式をとっていることがほとんどです。

 

・セット教材
教材内容一式が、全て一括で納品されるようになっています。

 

・単品教材
単品で効果が期待できるDVDや絵本、CDなどが挙げられます。

 

・通信講座
教材が毎月ごとに送られてきます。
毎月新しい教材が届くのが楽しみで、子供が飽きないといった利点があるようです。

 

予算やお子さんの性格などに合わせて販売形式を選ぶことも、とても大切でしょう。