幼児教育と小学校受験の関係

幼児教育と小学校受験の関係

幼児教育の最終的な目標は豊かな情操や思考能力を養うことにより、立派な大人になって欲しいと願うことです。
これに関しては古来から何も変わりませんし、現在でも全ての親に共通することだと思います。
ただ、最近は都市部を中心に、幼児教育の延長線上にある目標を持つ人が増えています。
少し以前からよく話題にもなっており、テレビドラマにもなりましたのでご存知の方も多いと思います。
そうです、小学校受験、通称「お受験」です。
受験というと高校や大学というイメージしかない筆者の世代から見れば、世の中もここまで来たかと思わされますが、中学校受験が当たり前になったら、次は小学校という流れは避けようがないのでしょう。
また、筆者の個人的な意見としてはお受験というのは決して間違ったものでもないと思います。
お受験に挑戦する年齢の子供たちにとって、まだ受験が何であるのか、何のためにあるのかということをしっかりと考えることは少ないでしょう。
親がそれを目指しているために、言われるがままにやっているというのが現実だと思います。
それでは、親がお受験を目指すのは何のためでしょうか。
小学校は義務教育ですから、特に受験をしなくても居住している地域の公立小学校への入学資格があります。
日本は先進国ですから、こうしたシステムがきちんと確立しています。
にもかかわらず遠方にある私立や国立の小学校を目指すというのは明確な目的があるはずです。
その目的とは実に色々です。
「いい小学校に入れていい中学校、高校、そして大学に入れたい」…これが最も多いでしょう。
そして次に多いのが「小学校のうちから良い教育を受けさせて知性豊かな子にしたい」…これは非常に的を得ています。

子供の頭が柔らかく可能性も広いうちに高いお金を支払ってでも良い教育を受けさせたい、という願いは現在の公立学校が抱える問題を考えると理解出来ます。
筆者も自分の子供にこのお受験を経験しました。
最初は特に関心が無かったのですが、居住している地域がいわゆる文教地区と呼ばれる地域で、周囲に教育熱心な人が多くその雰囲気に流されたというのが正直なところです。
ですが実際に体験してみて、子供に何か目標を持たせて、親が一緒になってその目標に向かって努力するというのは悪くないと思いました。
また、お受験という“不純な動機”ではありますが、子供が受験対策を通してたくさんの知識や学習法を吸収したのは事実です。
勉強好きになったのも事実なので、たとえお受験に失敗したとしても何らかの形で将来の役に立つとは思います。