家庭内の幼児教育とは遊ぶこと?

家庭内の幼児教育とは遊ぶこと?

幼児の教育において、最も多くの機会に恵まれているのは家庭であることは言うまでもありません。
幼児は生活の大半を家庭で過ごすのですからそれは当然です。
そんな家庭内で幼児教育に関して出来ることとはどんなことでしょうか。
子供の仕事は遊ぶことです。
遊ぶと言っても大人が飲みに行ったりパチンコをしに行ったりする遊びとは全く意味が違います。
子供は色々な遊びを通じて新しい能力を身に付けたり、物事を考える訓練をしています。
家庭内ではそんな子供の成長を支援するような手助けをしてあげることが第一です。
子供はおもちゃを使って遊びます。
昔と違って、今はおもちゃが何でも手に入る世の中です。
筆者が100円ショップに行った時におもちゃのコーナーを見て愕然としたことがあります。
筆者が子供の頃になかなか買ってもらえなかったようなおもちゃが100円で売られているのですから。
それだけおもちゃに溢れている現在の子供は幸せなように見えますが、逆に考えると何でもありすぎて自分で創造していくという機会が少なくなっているそうです。
例えば子供の大好きなキャラクターがあるとします。
昔はキャラクター物だからと言ってそんなにポンポン買ってはくれませんでしたから、足りないものは自分で補う必要がありました。
自分の持ち物にそのキャラクターを下手くそながら描いてみたりするわけです。
そんな機会を通じて絵を描く能力が発達しますし、その持ち物に対する愛着も強くなります。

それを最初からちゃんとキャラクターがプリントされたものを簡単に与えられた子供と比べたら、結果は分かりますね。
そのため、現在の幼児教育においてはおもちゃを与えるにしても親が良いものを選んであげるという作業が追加されます。
それでは良いおもちゃとはどんなものでしょうか。
基本的な考え方としては「子供に考えさせる、作らせる」というおもちゃが良いとされています。
逆に良くないものは先ほどのキャラクター物のように「全てが完成されていて遊ぶのが簡単すぎる」おもちゃです。
遊び方を自分で創造するのが良いのですから、おもちゃはあくまでもそんな創造力を手助けするだけのものが良いのです。
具体的にはパズルや積み木、ブロックなどです。
これらのおもちゃはよく知育玩具というカテゴリーで売られていますので、幼児教育の教材としても高い人気があります。
あくまでもおもちゃで遊ぶのが正しいのであって、おもちゃに遊ばれるようなことはないようにするのがポイントです。