幼児教育は人格と知識の土台になる?

幼児教育は人格と知識の土台になる?

人間が生まれてから亡くなるまでの一生は常に勉強だと言われます。
確かにそれは正しいのですが、それだけだと全てを言い当てていないように思います。
というのは人生の各場面で勉強することが全く違うからです。
適切な時期に適切な勉強、これがかみあってこそ初めて勉強の効果が上がります。
さて、そんな人生の各場面における勉強の中で、一番最初に経験するのが幼児期の勉強です。
幼児期は自分で必要性を感じて何かを勉強するということはありませんから、その場合は親が教える、または教える機会を与えることになります。
これを教育と言い、幼児期の教育を幼児教育と言います。
すでに頭が固くなってしまっている大人と違って、幼児期の子供は頭が柔らかく何でも吸収する力を持っています。
「3つ子の魂百までも」とも言いますし、確かにこの時期に人格や知識の土台のようなものが形成されるのは何となく分かる気がします。
その「何となく」は科学的にも立証されており、人間の脳は生まれてから2歳までに6割が形成されると言われています。
6歳までとなると、なんと9割の脳がこの時期までに形成されるそうです。
ところで、脳には右脳と左脳があるのはよくご存知だと思います。
左右それぞれの脳はそれぞれの役割を持っており、右脳は五感と言われる直感的な能力、左脳は論理的な思考能力を司っており、それぞれの脳をうまく育てることによりそれぞれの能力が高まることが証明されています。
もちろんそれぞれの能力は一方だけが強化されてもそれは完全とは言えず、思うように伸ばすことが出来ません。
やはり何事もバランスが大切で、左右の脳をバランス良く育ててあげることが大切です。
幼児教育は発達段階にある幼児期に左右の脳をバランス良く発達させることに大変有効で、この時期の教育がうまくいくと将来にわたって大きな成果を上げるため、現在大きく注目されているのです。

教育という言葉は「教える」という漢字が含まれているので、何でも教えることだと思ってしまいがちですが、教育には自分で考える力を養うことも含まれています。
それは幼児教育になるとさらに顕著で、この時期に自分で考える力を養うことは大変有意義です。
幼児教育のたとえ話として時折用いられる話があります。
算数の掛け算は数字と数字を掛け合わせるものですが、幼児期の教育成果×その後の学習という数式で最大の効果を上げようとするなら、幼児期の教育効果を高めておくと同じ努力でもより高い効果が上げられるというわけです。

幼児教育は人格と知識の土台になる?関連ページ

幼児教育とは子供に教えるだけではない?
家庭内の幼児教育とは遊ぶこと?