幼児向けZ会教材の特徴、口コミ

【幼児教材】幼児向けZ会教材の特徴、口コミ

東大の合格実績でも高い評価のあるZ会の幼児向け教材は、年中コースと年長コースがあり、体験型学習教材や自習用ワーク教材、提出用課題、保護者用解説書などが毎月届けられる家庭学習教材です。
Z会の幼児向け教材の特徴は、将来の学力の基盤を築くことを目的としている点です。
通常の計算ドリルや文字の練習に留まらず、複数の条件をもとにして答えを出す問題や正解が一つだけとは限らない問題も加え、幼児期から「かんがえるちから」を養っていきます。
また、Z会が重視している「ことば」「かず・かたち・ろんり」「しぜん」「せいかつ・けんこう」「ひょうげん・あそび」という五つの領域を、親子で実験、料理、工作などをすることによって、バランス良く生活の中に取り入れるようにしてあります。
「なかま」や「どうぐ」など、毎月一つのメインテーマを掲げ、そのテーマに対して、様々な角度から取り組むことによって知識や経験の幅も広がり、将来にわたって基礎学力を付けることにも繋がって行くのです。
以下は、使ってみた方の口コミです。

 

・高校や大学受験で定評のあるZ会らしく、決してドリル的な教材ではなく、子供の頭で考えさせる問題になっています。
飽きっぽい子供やまだ文字や数に対しての基礎ができていないような子供には、ちょっと難しいかもしれません。

 

・子供は楽しんで課題に取り組んでいますが、これが本当に子供の学力の基礎になるのかハッキリするのは、まだまだ先のことだと思います。